高水会 1967年 発会

田中澄江先生 

田中澄江 先生
 1908年東京生まれ  東京女高師卒  聖心女子学院の教師  劇作家としてのほか、小説・  テレビ・ラジオ・映画など幅広く活躍  山と花を愛し古典の世界にも造詣深い                  2000年3月1日 逝去

昭和42年の田中先生のハガキ

 

    
          
  沢山の著書の中で山と花の本が沢山あります
  花の百名山 沈黙の山 私の好きな山の花 花と歴史の旅 花と歴史の武蔵野  その 他

三木慶介先生

           
  三木慶介先生                 北海道大雪山にて

 1922年東京生まれ
明治大学 卒 日本山岳写真協会入会 その後イタリア世界国際山岳写真ビエン
ナーレ 優秀ゴールデンカップ賞(日本人として初受賞) ほか数多くの受賞  
田中先生の要請で、高水会のリーダーとして、初期のころからわれわれ女性の
集団を指導し引率してくださいました  三十数年一度の事故もなく 絶大な
信頼と感謝をしています

   日本経済新聞の明日への話題に書かれた記事から「高水会」は はじまりました    
   私が入会したのは昭和53年でしたが、 その頃には会員数は300名にもなっていた  
   とおもいます 高水会は 田中澄江先生と三木慶介先生との絶妙のコンビで、いつも  
   楽しく山旅を体験させていただきました。私の貴重かつ大切なたいけんでした。     

表紙に戻る

TOP