10月 山行
宮城県鳴子温泉

鳴子温泉の歴史は古く「続日本後紀」によると承和2年(835年)潟山が大爆発して熱湯が轟音を上げて噴出した
村人が鳴郷の湯と言ったことからこの名になったとのこと。

   
見晴らし台から鳴子峡谷 紅葉には早い時期だった 鬼首(おにこうべ)かんけつ泉


潟沼

潟沼

鳴子ダム

ダム湖


間欠泉

鳴子峡

見晴台より

神代植物園 バラ園
花の種類はすくないが、バラ園ははなやかに,賑わっていた


はまぎく

ふさふじうつぎ

ふうせんとうわた





信濃のもみじ

  

   戸隠の鏡池 毎年湖畔のニシキギが見事 後数日で冬の到来だ      苗名の滝 

戸隠


黒姫

妙高

戸隠

鏡池

にしきぎ

鏡池

戸隠山麓

妙高
苗名の滝

つり橋

つり橋遠景

苗名の滝



つり橋

晩秋の妙高

初雪妙高

秋山郷の紅葉

新潟県津南町〜長野県栄村にまたがる渓谷地帯 江戸時代の文人 塩沢出身の 鈴木牧之が秋山郷をおとずれた「秋山紀行」を読んで
一度はいってみたいと 数年前に訪れたが 紅葉の美しさに感激して以来 野尻からの帰りにたづねている
津南町から入って山の中腹くらいから引き返していたが、奥志賀に抜ける道があるというので更に奥へと いってみた
奥にすすむにしたがい小さな村落があり、紅葉の美しさは増すばかり。 最奥の切り明温泉には旅館もあり、かなりの旅人の姿もあった
さらに林道をすすんで奥志賀スーパー林道に入り白根山をこえて帰京した


中津川



秋山郷案内版

左方は苗場山

右方は鳥甲山



栄村の看板

古民家

苗場山 登山口

苗場神社

段々畑

切り明け

奥志賀

奥志賀

HOME