5月 山行

早春の信州



一日目には、一面の霧につつまれて、温度は夜には零下3度になった。5月になっても一面の雪で、こんなに残っているのは、初めてのことだ。
二日目は雲ひとつない晴天 雪山が輝いて美しかった。

              飯綱山                  黒姫山                   妙高山     

水芭蕉のある風景

戸隠の道端で   


咲き始めの水芭蕉

残雪の水芭蕉

いもり池


残雪

霧の中

咲き始め


山荘周辺




  残雪の中にも確実に春の芽吹きがあった  水芭蕉
  蕗の薹 たらの芽 など  雪解け水の中から顔を出していた
  殆ど人目に触れずに咲いて枯れていくが、いつも精一杯咲いて
  くれる水芭蕉

                                                              
千曲川河畔のお花見


鯉のぼり



見事な枝垂れ

タンポポ
おおいぬのふぐり


浅間山

山田温泉にて


車窓から

浅間山

妙義山

府中浅間山(せんげんやま)公園

新小金井街道と甲州街道の間にある 標高79.4m の小公園
入園料 無料
多摩丘陵の一角で尾根続きだった丘陵が離れて出来たのだそうだ 
むさしのきすげは、日本で唯一浅間山だけに自生している


きんらん

ぎんらん

むさしのきすげ

あまな

ささばぎんらん

いぬざくら

浅間神社

つりばし

きんらん

ほうちゃくそう

表紙に戻る